JEX Gem Gallery
催しのご案内(Fair Information)
トップページ > 催しのご案内(Fair Information) > 第46回世界のピリオディックジュエリーフェア

第46回世界のピリオディックジュエリーフェア

謹賀新年
「人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。」
ビル・ゲイツ このような言葉に触れると、「...できない」という常識に とらわれて生きてきたのではないかと、気付かされます。
今年はうさぎ年。ものごとがよい方に進んでゆく 「ウサギの上り坂」という故事もありますが、明るく 前向きに行きたいものです。
さて、2011年の年頭を飾るフェアは、「第46回世界の ピリオディックジュエリーフェア」。
世界レベルの秀逸品の 数々を手にとってご覧ください。またバラエティに富んだ 個人出品も見逃せません。新年のJEXも心行くまでお楽しみ ください。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
JEX宝石ギャラリー

 第46回世界のピリオディックジュエリーフェア

大阪駅前店:2011年1月16日(日)&17日(月)
東京銀座店:2011年1月16日(火)&19日(水)


p46_01.jpgPtマーキス・ダイヤモンドリング
ハリー・ウィンストン 1936年頃の作品
1石のマーキスカットD=4.10ct(G-VS1/GIA鑑定書付)
2石のバゲットカットD=約0.55ct
¥2000万

伝説のダイヤモンド王ハリー・ウィンストン(1896-1978)とはどんな人なのか?一口で言えば、「ダイヤモンドに深い愛着を持っていた人」と言えるでしょう。
マハラジャをはじめ、世界中の王侯貴族が所有していた名だたる歴史的巨大ダイヤモンドは、ロマンに溢れた興味深いストーリーと共に、運命の糸に手繰り寄せられるようにウィンストンのもとへ引き寄せられ、そして新しい持ち主の下へと納まって行きました。また、新たに採掘されたダイヤモンド原石の中でも極上のものだけを入手し、見事に研磨させ、20世紀において歴史的になるであろうダイヤモンドの数々を取り扱いました。このダイヤモンドもまぎれもなくウィンストンの鋭い審美眼によって選ばれたもの!GIA基準ではとても推し量ることのできない美しい輝きを手にとってご覧ください。



p46_02.jpgPtダイヤモンドリング
ハリー・ウィンストン 1965年頃の作品
1石のラウンドカットD=1.10ct(E-VS2/GIA鑑定書付)
16石のマーキスカットD=約6.50ct
¥700万

輝きの集合体によって一際注目を集めるこのようなクラスター(cluster=房、集合体の意)といわれるスタイルが開発されたのは、ウィンストンが自宅に飾ってあったクリスマスリースにインスピレーションを感じたことからだそうです。リースはヒイラギの葉が集まって作られており、小さなツメで留めた葉っぱ状のマーキスダイヤモンドを集めてジュエリーを作ることを思いつき、それまでにない新しいデザイン・製作の潮流を創り出しました。このクラスターリングも純度の高い煌めき感を立体的に配し、反射させ合うことによってさらにその美しさを増幅させています。



p46_3.jpgPtエメラルド・ダイヤモンドブローチ
ハリー・ウィンストン 1955年頃の作品
36石のラウンドD=約14.00ct
17石のファンシーカットD=約5.00ct
¥750万

クラスター様式の原点ともいえるリースモチーフ。
厳選された一石一石が生き生きと輝いています。




p46_04.jpgK18ペリドット&ダイヤモンドブローチ
ティファニー/シュランバーゼ 
75石のラウンドD=約1.25ct
¥450万

フランス生まれのジーン・シュランバーゼ(1907-1987)はジュエリーデザイナーとして1956年ティファニーに入社。以来その類稀な才能は遺憾なく発揮され、次々と生み出される独特のアーティスティックな作品に、ジャッキー・ケネディを始め、当時のセレブ達から絶大な支持を集めてゆきました。この作品もため息の出るような氏の芸術作品の一つ。冬の深い眠りから覚めた春の息吹を表わす夢のような結晶から、喜びの賛歌が聞こえてきそうです。



p46_05.jpgK18/Ptダイヤモンド・エメラルド・サファイア・ルビーリング
ハンマーマン 1965年頃の作品
78石のラウンドD=約5.25ct
1石のカボションE=約2.30ct
4石のカボションS=約7.75ct
4石のカボションR=約2.00ct
¥130万

モダンなフォルムにマハラジャジュエリーのような配色。悠久の歴史が生み出したエキゾチシズムを漂わせながら革新的な輝きを表現しています。



p46_06.jpgK18/Ptダイヤモンド・エメラルド・サファイア・ルビーイヤリング
ハンマーマン 1965年頃の作品
148石のラウンドD=約9.75ct
2石のカボションE=約4.00ct
8石のカボションS=約11.00ct
8石のカボションR=約6.50ct
¥250万


p46_07.jpgK18ダイヤモンド・リーフモチーフリング
カルティエ 1965年頃の作品
9石のラウンドD=約0.45ct
¥380,000

葉っぱのモチーフを立体的に膨(ふくら)ませることにより、葉脈状のダイヤモンドのラインが所作と共に流れるように輝きます。シンプルな作品の中に自然の流儀にかなった存在感を創り出すマジックはカルティエならでは。



p46_08.jpgK18ライオンモチーフブローチ
フランス製 1960年頃の作品
12石のシングルカット
¥295,000

威厳も何もない愛くるしさに癒されます。





p46_09.jpg

K18ネックレス
ティファニー 1950年頃の作品
¥480,000

往年のチェーンを探すのは至難の業。レトロな格調が主役の奥ゆかしい品格をさりげなく
引き立てます。









p46_10.jpgYG/Ptムーンストーン、ダイヤモンド&ルビーブローチ
ニューヨーク 1940年頃の作品
41石のラウンドD=約5.00ct
5石のオーバルカボション・ムーンストーン
¥750,000

ムーンストーンの幻想的な輝きがノスタルジーを呼び覚まします。







p46_11.jpgYG/Ptムーンストーン・ダイヤモンド&パールブレスレット
ニューヨーク1940年頃の作品
31石のラウンドD=約3.50ct
80石のパール、4石のオーバルカボション・ムーンストーン
¥800,000




p46_12.jpgK18/Ptダイヤモンド・イエローサファイア・アメシスト・パンジーモチーフブローチ
オスカーハイマン 1975年頃の作品
43石のラウンドD=約2.65ct
7石のファンシーイエローS=約3.25ct
アメシスト
¥170万

可憐かつ華やかにお顔を輝かせるハイマンの見事な作品。



p46_13.jpgK18/Ptダイヤモンド・イエローサファイア・アメシスト・パンジーモチーフイヤリング
オスカーハイマン 1975年頃の作品
38石のラウンドD=約1.80ct
28石のファンシーカットイエローサファイア、アメシスト、ルベライト
¥130万



p46_14.jpgK14アメシスト&ルビー・フラワーモチーフ・ブローチ
ティファニー 1945年頃の作品
¥300,000

野花の可憐かつ奥ゆかしい魅力で主役の品格を輝かせます。










p46_15.jpgK14アメシスト&ルビーイヤリング
Bailey,Banks & Biddle,Philadelphia(ベイリーバンクス&ビドル), 1945年頃の作品
¥250,000

ベイリーバンクス&ビドルは、創業1832年の老舗。現在もフィラデルフィアの一流宝飾店であり続けています。古きよき時代のレトロな円やかさが魅力。




p46_16.jpgK18ダイヤモンドブレスレット
キメント 
235石のラウンドD=約2.50ct
¥550,000
程よい幅のブレスレット。繊細な輝きがさんざめきます。



p46_17.jpgPtダイヤモンドペンダントブローチ
ニューヨーク 1955年頃の作品
2石のファンシーカットD=約0.30ct
15石のバゲットカットD=約1.80ct
9石のラウンドD=約0.90ct
¥750,000


1955年当時、斬新な作品だったと思われますが、現在でも古さを感じさせない優れたデザイン。



p46_18.jpgK18レトロモダン・ローズゴールド腕時計付きカフブレスレット
ジャガールクルト(スイス)1945年頃の作品
33石のラウンドR=約4.75ct
21石のラウンドD=約1.10ct
¥300万
ジャガールクルトは1833年にルクルトとして創業。以来、ムーブメントはもちろんのこと、ケース・文字盤の分野に至るまで新しい技法を開発し、特許を取得した数は350以上にものぼります。スイスの精密器械工業を牽引してきただけでなく、世界中の時計愛好家を満足させ続けてきました。
レトロモダンなカフブレスレットがお手元をクールに輝かせます。心ときめくフェミニズムとダンディズムの融合。




p46_19.jpgK14ルビー&ダイヤモンドカバーウォッチ
1945年頃の作品
3石のファンシーカットD=約0.95ct
36石のラウンドD=約2.40ct
22石のスクエア&ラウンドルビー
¥888,000
時計をカバーしている部分にダイヤモンドとルビーが惜しみなく施された贅沢なカバーウォッチ。手首を宝石の幅広リボンで結んだようなゴージャスで楽しい作品です。



p46_20.jpgK18/Ptダイヤモンド・ユニコーンモチーフブローチ
ニューヨーク 1965年頃の作品
152石のラウンドD=約5.75ct
2石のマーキスツァボライト=約2.3ct
¥150万

凛としたグリーンの眼差しとゴールドのふさふさの毛並みをたたえた光り輝くユニコーン。
ユニコーンは勇気・威厳・高貴の象徴とも言われ、スコットランド王家の紋章にも使われているそうです。





p46_21.jpgK18/エナメル・ダイヤモンド・シマウマモチーフ
ディビッド・ウェッブ 1968年頃の作品
82石のラウンドD=約4.50ct
¥400万

デイビッド・ウェッブはニューヨークのマジソンアベニューと5番街、そしてビバリーヒルズに店を構えている高級宝飾店。創業は1948年。ウェッブが23歳の時に彼の才能を見出したある婦人のバックアップによって57th街に店を開いたのが始まり。繊細で気品があり伝統を重んじる彼の作風は多くの富裕層に支持され、ファンが広がりました。
自然をこよなく愛するウェッブは1960年代から動物をモチーフにしたこのような作品を顧客の為に作り始め、さらにファンを増やしますが、1975年50歳であっけなく亡くなります。しかし亡くなった後も彼のデザインを所望する顧客があとを絶たず、後継者がさらに繁栄させて現在に至っています。



p46_22.jpgK18/Pt/エナメルダイヤモンドリング
ディビッド・ウェッブ 1968年頃の作品
26石のラウンドD=約2.00ct
¥900,000




p46_23.jpgK18/Pt珊瑚・エメラルド・ダイヤモンドブローチ
フランス 1965年頃の作品
98石のラウンドD=約2.65ct
¥110万

コケティッシュなタツノオトシゴ。フランス特有のエスプリが効いています。





p46_24.jpgPt/K18ダイヤモンドイヤリング
ティファニー シュランバーゼ 1980年頃の作品
48石のラウンドD=約1.15ct
¥110万


ケルビム(智天使)の羽根のようなモチーフ。
羽根の先まで神経が行き届いたフォルムに見惚れてしまいます。シュランバーゼならではの見事な芸術作品が耳元でミステリアスな魅力を輝かせます。




p46_25.jpgK18ダイヤモンドネックレス
ヴァンクリーフ&アーペル 1955年頃の作品
134石のラウンドD=約4.85ct
¥380万
鎖骨の間で輝く動き出しそうな二つの環。意表をつくグラマラスな作品です。


p46_26.jpgK18ダイヤモンドバングル
カルティエ 1965年頃の作品
385石のラウンドカットD=約50.00ct
¥2800万
丸みを帯びたフォルムに高品質ダイヤモンドが隙間なく埋められたバングル。ダイヤモンドビームが全方位に放たれます。息を呑む圧巻の輝き。


p46_27.jpgK18ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドバングル3点セット
オスカー・ハイマン 1965年頃の作品
48ラウンドD=4.50ct
13スクエアカットR=約2.15ct
13スクエアカットS=約2.15ct
13スクエアカットE=約1.75ct
¥240万
高品質ダイヤモンドと交互に配されたルビー・サファイア・エメラルドの3点セット。腕の上で鮮やかな色彩とダイヤモンドビームの離合集散の妙が繰り広げられます。



p46_28.jpgPtアールデコ翡翠&ダイヤモンドブレスレット
Marsh&Co.San Francisco 1938年頃の作品
8石のシリンダーシェイプ翡翠
64石のラウンドD=約2.40ct
80石のバゲットカットD=約2.60ct
¥1400万
老舗の高級宝飾店の威信をかけて作られたと思われる
シリンダー型ろうかん翡翠が8石も合わせられた奇跡のブレスレット。



p46_29.jpgPtアールデコ・ダイヤモンドバングル
テイファニー 1925年頃の作品
53石のヨーロピアンカットD=約8.00ct
¥240万
ヨーロピアンカットの格調あふれる煌めきがお手元の所作をより流麗に見せます。



p46_30.jpgPtダイヤモンドブローチ
カルティエ 1930年頃の作品
103石のオールドマインカットD&ローズカットD=約4.40ct
¥300万

カルティエならではのクールでノーブルな輝きを放つアールデコの逸品。




p46_31.jpgPtカボションエメラルド&ダイヤモンドソーロワール
ニューヨーク 1988年頃の作品
1石のペアシェイプカボションE=66.33ct
ダイヤモンドチェーンには約26.35ctのダイヤモンド。
¥2000万

稀少な大粒エメラルドのトップを引き立てるメレーダイヤがちりばめられた繊細なロングチェーンとバチカン状の環。隅々まで心配りの行き届いた美の極致をご堪能ください。






5.jpgK18エナメル・ダイヤモンド、スノーマンモチーフのブローチ
Hammerman(ハマーマン) 1965年頃の作品
¥300,000

ほのぼのとした中に高級感が漂います。





6.jpgK18ルビー・ダイヤモンドリング
Hammerman(ハマーマン) 1975年頃の作品
19石のR=約3.75ct
30石のラウンドD=約1.80ct
¥190,000

華麗な花園の春爛漫のざわめきが聞こえてきそうです。



7.jpgK18ダイヤモンド・ルビー、スワンモチーフのブローチ
¥190,000

白鳥の羽の産毛の1本1本まで精緻に彫り込んでいるようなとても手のかかった逸品。
柔らかい羽を羽ばたかせて夢に向かって飛んで行くようです。





8.jpgK18カボションルビー・ダイヤモンドブローチ
1945年頃の作品
¥250,000

はじけるような熟した木の実と手のかかったつや消しの波のフォルムのほとばしるような躍動感が所作と共に動き出しそうです。お顔を生き生きと明るく輝かせるブローチ。




9.jpgK18ダイヤモンド自転車モチーフのブローチ
1960年頃の作品
¥135,000
真っ白のロングスカートをたなびかせて乗ってみたいような優美に輝く自転車。




10.jpgK18WGダイヤモンド・サファイヤ、蝶モチーフのブローチ
1990年頃の作品
¥160,000
銀色に輝くたおやかな蝶の羽根に効果的に配されたサファイヤ。神々しいまでの可憐さにうっとりと見惚れます。



11.jpgK18エナメル・ダイヤモンド、騎手モチーフのブローチ
¥190,000
高貴な躍動感。





12.jpgK18/WGスカーフ留め
ブルガリ
¥30,000

シルクスカーフのプレステージが更に上がります。



13.jpgK18ダイヤモンドリング
1975年頃の作品
33石のラウンドD=約1.35ct
¥160,000

光輝くダイヤのブロックを積み上げた建造物のよう。幾何学的なアールデコの名残を残しながら新境地を開いた作品。



14.jpgK18パール・ルビー・エメラルド・サファイヤ、ピエロモチーフのブローチ
¥135,000

湖水パールの形をピエロのズボンに見立てたオンリーワンの逸品。『はい、 風船!』と今にも手渡ししてくれそうな生き生きした表情が魅力です。








15.jpgK18リスモチーフのリング
1955年頃の作品
¥250,000

アメリカではとても人気のあるリス。写実的なフォルムがノーブルなのは手を掛けて作られたゆえ。リングのアイテムは珍しいです。



16.jpgK14エメラルド・サファイヤ・ダイヤモンド、フォックスモチーフのブローチ
1965年頃の作品
¥90,000

物語のキツネはブドウを手に入れられませんでしたが、こちらのキツネはブドウを持っています。デフォルメされた表情がユーモラス。





17.jpgK14クォーツバードモチーフのブローチ
1965年頃の作品
¥70,000

親鳥を呼ぶヒナ鳥の可愛らしさ。羽毛の表情は海外製のピリオディック・ジュエリーならではの風格があります。







18.jpgK14ルビー・サファイヤ・ダイヤモンド、ラビットモチーフのブローチ
1965年頃の作品
¥90,000

なんともやんちゃな表情がおちゃめなウサギ。純真無垢の幼児のようなパワーを感じます。





19_2.jpg19_1.jpg19_3.jpgK18ダイヤモンド・(右から)レッドエナメル、オレンジエナメル、グリーンエナメル
てんとう虫モチーフのブローチ

各¥130,000

てんとう虫は野菜の害虫も食べてくれる益虫。米国では殺してはならないとされ、ジュエリーのデザインによく使われています。惜しみない時間をかけて作られたエナメル細工。
1匹だけでも数匹一緒でもとまらせてみてくだい。表情を変えながら、さりげなくプレステージを上げてくれます。



20.jpgK14ルビー、マウスモチーフのブローチ
¥65,000

クッキーを持った仔ネズミ。こんなに可愛かったらどうしましょう。一目ぼれしそうなお品です。






21.jpgK18WGアメシスト・ダイヤモンドブローチ
Hammerman(ハマーマン) 1965年頃の作品
106石のラウンドD=約1.50ct
¥560,000

愛情のたっぷり詰まったプレゼントを、ダイヤのリボンで大切に包んでいます。
ふわりとした絶妙ラインは、超絶工房ハマーマンだからこそ成せる技!





22.jpgK18シトリン・ルビー・サファイヤ、(宇宙船の)スプートニクモチーフのバングル
1959年頃の作品
¥900,000


24.jpg上記とのセットアップリング
¥80,000

1957年に打ち上げられた世界初の人工衛星「スプートニック」号(旧ソ連)にちなんで
製作されたダイナミックな作品。宇宙のへの憧憬が詰まっています!




23.jpgK18アメシスト・トルコ石・ダイヤモンドリング
Hammerman(ハマーマン) 1965年頃の作品
31石のラウンドD=約1.90ct
¥250,000

砂漠の蜃気楼に現れた美貌のお姫様のよう・・・神秘的な魅力と、凛とした格調に溢れています。作りの妙にも惚れ惚れする佳き時代の名品!




25.jpgK14サファイヤ・ダイヤモンド、スターバーストモチーフのブローチ
1950年頃の作品
¥150,000

1950年はフロリダでアメリカ初の宇宙ロケットが打ち上げられた年・・・宇宙モチーフが持て囃されました。スターバースト(星の炸裂)といっても奇抜さがなく、レトロモダンのシックな格調がお洒落の格を上げてくれます!



26.jpgK18サファイヤ・ダイヤモンドリング
¥130,000

雪解けの草原のスミレの群生のよう。生き生きと輝いています。




27.jpgK14大粒アメシスト・ロッククリスタルブレスレット
1965年頃の作品
¥370,000

大粒結晶による迫力は圧巻!シンプルなドレスに華のある個性を輝かせる作品です。
原石の形を生かしたナチュラルシェイプ&トロンとした透明感に愛着が湧きます。



28.jpgK18ルビー・ダイヤモンド、ドロップイヤリング
62石のR=約9.50ct(高品質のタイ産)
44石のラウンドD=約2.80ct
¥500,000

タイ産と言っても暗さを感じない高品質ルビーによる、ゴージャスな赤のビーム!
ルビーの花とダイヤの葉・・・地金の存在を忘れさせるほどの輝きで埋め尽くされた、溜息の出る作品。



29.jpgK18ルビー・ダイヤモンドイヤリング
Hammerman(ハマーマン) 1975年頃の作品
8石のオーバルカットR=約3.75ct(タイ産)
79石のラウンドD=約4.20ct
¥900,000

情熱のレッドが、お顔をフェミニンな美貌へと導きます。
少しづつカーヴをつけ、立体感を作ることで、フェイスラインを美しく際立たせる絶妙な計算がなされています。



30.jpgK18ルビー・ダイヤモンドリング
Hammerman(ハマーマン) 1955年頃の作品
3石のオーバルカットR=約2.75ct(非加熱)
68石のラウンドD=約3.50ct
¥110万

非加熱の真紅のルビーを絶妙な配置で、ふわりと指に纏うよう計算された、
ハマーマン独自の美の世界観。内容の濃さを鑑みると破格です!



31.jpgK18エメラルド・ダイヤモンド、花束モチーフのブローチ
ニューヨーク 1955年頃の作品
135石のラウンドD=約4.50ct
¥550,000

美しい角度を付けアレンジされた宝石の花束。
繊細な美貌で、貴女の胸元をふわりと彩ります。





32.jpgK18ダイヤモンド・ルビー、フラワーモチーフのブローチ
1945年頃の作品
9石のオールドマインカットD=約4.00ct
¥720,000
メレダイヤとは称せない粒の大きなダイヤが贅沢な雄しべとなって、瑞々しい命を携えた花を咲かせます。格調この上ないシック&ゴージャスな逸品。










33_1.jpg33_2.jpgK14ルビー、ローマン文字デザインのカフブレスレット&リング
1970年頃の作品
ブレスレット¥460,000
リング¥60,000

いくつかのルビーは外れていますが、マニッシュなフェミニズムをお楽しみいただけます。



34.jpgK18ルビー・エメラルド・サファイヤ、パロット(オウム)モチーフのブローチ
1965年頃の作品
R=4ct(ビルマ産)
古代エジプトの壁画に神聖な鳥として遺されているような、重厚な面持ちのパロット。
ご主人をいつも励まし守ってくれる忠臣になりそうです。
¥600,000






35.jpgK18ラピスラズリ・ダイヤモンド タッセルネックレス
ティファニー(フランス店) 1970年頃の作品
25石のラウンドD=約2.00ct
¥250万

ゴールドタッセルの何としなやかなこと!宝石と貴金属とは思えないほどの、柔らかなラインを身に纏うという、極上のエレガンスをどうぞ。



36.jpgK18さんごブレスレット
ヴァンクリーフ&アーペル 1955年頃の作品
¥130万

優雅でクラス感のあるフェミニズムを演出します。VCAならではのマジックをご堪能ください。




37.jpgK18ラピスラズリイヤリング
1970年頃の作品
2石のラウンドD=約0.25ct
¥400,000

ゴールド&紫紺の補色のコントラスト。丁寧に彫り込んだ縄目模様と、カービングされたラピスの美しさ・・・冴えのある作品は耳元だけでなく全身までをも、優雅なオーラで包みます。




38.jpgK18ラピスラズリ・トルコ石・ダイヤモンドリング
1955年頃の作品
36石のラウンドD=約1.50ct
¥250,000

英国のブリストル聖堂の薔薇窓のような風雅な格調が、指輪という空間に大いなる存在感を以って広がります。




39_2.jpg39_1.jpgK18トルコ石・ダイヤモンドブレスレット&イヤリング
Hammerman(ハマーマン) 1955年頃の作品

イヤリング:100石のラウンドD=約3.00ct ¥500,000
ブレスレット252石のラウンドD=約10ct ¥200万

まさに「トルコ行進曲」のような軽快な音階が、作品全体に厳かに流れているようです。
大胆なのにシックでエレガント・・・ハマーマンの実力は、時代も流行も国境も超越し、着け手を美しく演出します。


催しのご案内(Fair Information) のページ一覧